Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か

マイクロソフトによる9月の月例セキュリティ更新で修正された「CVE-2017-8759」が、国家の関与が疑われるサイバー攻撃に悪用された可能性があることがわかった。

同脆弱性を検知、報告した米FireEyeが明らかにしたもの。同脆弱性は、「.NET Framework」に関するもので、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

FireEyeによれば、「SOAP WSDLパーサー」において検証処理に問題があり、同脆弱性を利用することでコードインジェクションが可能。「.NET Framework」により生成された不正なコードが、ライブラリファイルとしてOfficeによりロードされるおそれがある。

同社では、同脆弱性を悪用するリッチテキストフォーマット(RTF)のファイルを検知しているが、同ファイルでは、「PowerShell」のコマンドを含む「Visual Basic」のスクリプトをダウンロードし、実行するように細工されていたという。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks
「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開