Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産化学工業、不正アクセスに関する調査結果を公表 - 痕跡は確認されず

日産化学工業は、7月に公表した不正アクセスおよび情報流出の可能性について、いずれも調査で痕跡は確認されなかったとする報告を行った。

同社において、運営するウェブサイトが不正アクセスを受けた可能性があることが7月に判明。さらに同サイトの問い合わせフォームに入力された個人情報約4500件が外部からアクセスできる状態だったことが判明し、外部事業者による調査を行っていた。

同社は、同調査において、不正アクセスが行われたり、情報が外部へ流出した痕跡は確認されなかったと説明。サーバにおける改ざんやマルウェアの感染なども見つかっていないという。

同社では停止中のウェブサイトについて、再発防止策を実施した上で、新しい環境で再構築し、安全性を確認したうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか