Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアなアプリの開発を支援するソリューション - オージス総研

オージス総研は、アプリケーションに脆弱性を作り込まないソフトウェア開発を支援する「アプリケーションセキュリティソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、アプリケーション開発のライフサイクルにおいて、構築段階で脆弱性を作り込まないよう支援するもので、コンサルティングサービスやツールを提供する。

コンサルティングでは、セキュリティ対策の現状分析を実施。セキュリティを踏まえた開発ガイドラインの策定支援やセキュア要件定義、脅威分析、セキュア設計レビュー、リスクベーステスト計画などをサポート。OWASPが開発したソフトウェアセキュリティ保証成熟度モデル(SAMM)の適用支援も行う。

またバグや脆弱性を検知できるソースコード静的解析ツールや、アプリケーションに含まれるオープンソースソフトウェアに対し、ライセンスの状態や脆弱性を自動検出するツールを提供する。

(Security NEXT - 2017/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
正規表現の処理に起因するサービス拒否脆弱性の自動修正技術