Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディノス・セシール、再度パスワードリスト攻撃を検知

ディノス・セシールは、同社通販サイト「セシールオンラインショップ」が短時間のパスワードリスト攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、8月22日2時半前後の10分間、国内の同一IPアドレスより本来の利用者とは異なる第三者が不正にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたという。

今回の攻撃では11回のログイン試行が行われた。顧客1人がなりすましによるログインを許し、氏名や所有ポイント数が第三者に閲覧された可能性がある。

同社では、同日11時ごろ攻撃を把握。不正ログインされたアカウントのパスワードを初期化し、攻撃の発信元であるIPアドレスからのアクセスについて監視を強化した。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

止まぬPWリスト攻撃 - 他所情報流出の影響で増加傾向も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み