Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地域防災リーダーの名簿が所在不明に - 大阪市

大阪市は、地域防災リーダーの個人情報が記載された名簿が所在不明になっていることを公表した。

同市によれば、7月29日に実施した地域防災リーダー講習会に職員が持参した名簿が、講習会後に所在不明となった。名簿には地域防災リーダー21人の氏名、住所、電話番号、性別が記載されていた。そのうち18人は生年月日と年齢も含まれる。

講習会後、31日に職員が名簿がないことに気付いた。職員は名簿を鞄に入れて持ち帰ったと記憶しているが、見当たらないという。同市では警察へ紛失を届け、対象となる関係者には、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職業訓練生が教室に置き去られた名簿をスマホ撮影 - 群馬県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
ランサム被害で個人情報流出の可能性、データは復元 - JA大潟村
DV被害者情報が加害者に流出、一時的な制限解除がそのままに - 薩摩川内市
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
個人情報含む一時保育登録者名簿が所在不明に - 目黒区
統計調査員が調査関係書類を紛失 - 加古川市
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市