Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害

情報処理推進機構(IPA)は、2017年第2四半期に寄せられた「ランサムウェア」関連の相談件数が163件にのぼり、そのうち67件で被害があったことを明らかにした。

同機構が取りまとめた2017年第2四半期のレポートによれば、同四半期に届出があった不正アクセスは22件で、前四半期の26件を下回った。そのうち15件で実際に被害が発生している。

被害の内訳を見ると、「なりすまし」が4件、「侵入」が3件、「不正プログラムの埋め込み」が2件、「DoS」「メールの不正中継」がそれぞれ1件だった。

原因は「ID、パスワード管理不備」が8件、「古いバージョンの使用、パッチ未導入」が3件、「設定不備」「その他」が各1件。2件については原因がわかっていないという。

20170725_ip_004.jpg
不正アクセス被害の原因(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を