Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ

NANAROQは、「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」におけるワークフロー管理を支援する「CSIRT MT」を提供開始した。

20170724_na_001.jpg
利用イメージ(図:NANAROQ)

同サービスは、インシデント対応などCSIRTの運用において生じるワークフローを管理するためのクラウドアプリケーション。Salesforce App CloudのOEMプロダクトとして提供する。

チケットを用いてインシデント発生時における進捗管理や、承認手続きなどを管理することが可能。脆弱性における対応状況の管理にも対応するほか、ダッシュボードより運営状況を参照したり、レポートを取得できる。

月額利用料は、CSIRTメンバーが20名以下の場合、1メンバーあたり9000円。同社は初年度に20社、500ユーザーライセンスの導入を目指しており、初年度に2000万円の売上を目標としてサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2017/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に