Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業

日産化学工業が運営するウェブサイトが不正アクセスを受け、サイトの問い合わせフォームより利用者が入力した個人情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、サイトの問い合わせフォームに入力された個人情報約4500件が流出した可能性があるもの。氏名や住所、電話番号、メールアドレス、会社名、所属などが含まれる。

7月3日に不正アクセスの可能性が判明し、同社では対象となるウェブサイトを停止。個人情報へ外部より不正アクセスが可能な状態となっており、同社は実際に情報流出が生じたか調査を進めている。閲覧によるマルウェア感染のおそれなどはないとしている。

同社では、個人情報保護委員会へ報告。今回の事故を受けて、再発防止策について検討している。

(Security NEXT - 2017/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性