Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも

キヤノンマーケティングジャパンは、「WannaCrypt」の感染拡大を受け、キヤノン製レーザー複合機やレーザープリンタ、プリントサーバなど、一部影響を受ける機種の利用者へ、セキュリティ更新プログラムを適用するよう注意を喚起した。

同社の複合機など一部製品がWindowsを使用しており、5月前半より拡大が確認されている「WannaCry」「WCry」といった別名でも知られるランサムウェア「WannaCrypt」の影響を受ける可能性があるとして、注意を呼びかけたもの。

具体的には、「varioPRINT 135シリーズ」「VarioPrint 6000Ultra/Ultra+シリーズ」「PRISMAsync」「imagePRESS Server」「ColorPASS」などが影響を受けるという。

同ランサムウェアは、「SMB v1」の脆弱性「MS17-010」の脆弱性を悪用。ワームとして動作し、ネットワークを通じて感染を拡大するおそれがある。また、ランサムウェアの機能を備えない亜種や、同脆弱性を利用する攻撃も確認されている

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン