Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん

香川県立保健医療大学のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされたことがわかった。マルウェアの配布などに悪用された形跡はないという。

同県の発表によると、6月15日16時半ごろ、同大のウェブサイトが改ざんされていることを大学職員が確認したもの。サイトの新着情報欄に犯行声明の文字列が表示され、クリックすると政治的なメッセージ画像が表示される状態だった。

同大では、ウェブサイト作成を委託した事業者に連絡してサイトを停止。改ざんについて調査しているが、6月15日の時点では、マルウェアの感染や情報流出などの痕跡は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ウェブサイトが改ざん被害 - 徳島県の病院
WordPressプラグインの同時多発改ざん、PWリスト攻撃に起因
北海道産地直送センターに不正アクセス - クレカ不正利用の可能性
アクセサリ通販サイトで改ざん被害 - 影響範囲など調査
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
調味料通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性