Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続

Appleは、6月5日から9日まで米国で開発者イベント「WWDC」を展開しているが、くしくも同時期に同社を装い、アカウント情報を詐取するフィッシング攻撃が大量に確認されている。

20170607_ap_001.jpg誘導先のフィッシングメールの1例(画像:フィ対協)

フィッシング対策協議会によれば、アカウントロックの警告や請求書などに見せかけたメールを用い、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が複数確認されたもの。誘導先のフィッシングサイトでは、メールアドレスやパスワード、個人情報、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

フィッシングメールの件名は、すでに8種類のバリエーションが確認されており、誘導先のフィッシングサイトも、同協議会が把握しているだけで17件に及ぶ。またこのうち10件では、HTTPS接続が利用されていた。

同協議会では、6月7日の時点で複数のフィッシングサイトが稼働していることを確認しており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。フィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけるとともに、類似したフィッシングサイトやメールなどを見かけた場合は、同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導