Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

環境省の温室効果ガス排出量報告ツールに脆弱性

環境省の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」において、同制度のウェブサイトで提供された報告書作成支援ツールのインストーラに脆弱性が含まれていることがわかった。

同ツールは、同制度において、活動量のデータを入力することで、報告対象となるか確認したり、報告書の作成を支援するツール。

インストーラにおいて検索パスに問題があり、意図しないライブラリファイルを読み込む脆弱性「CVE-2017-2209」が明らかとなったもの。細工されたライブラリファイルを読み込んだ場合、コードを実行されるおそれがある。

新規にインストールするため、4月4日から5月18日にかけて公開されていた「報告書作成支援ツール 3.02」のほか、4月4日以前に公開されていた「同2.0」や以前のバージョンも影響を受ける。

既にインストールしてあるアプリに関しては、脆弱性の影響を受けない。新規にインストールを行う際は、最新のインストーラを使用するよう同省やセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同ソフトに限らず、インストーラに脆弱性を作り込んでしまうケースが多発しており、JVNでは広く注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も