Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco、WikiLeaksで判明した「IOS」脆弱性を修正 - 318モデルに影響

Cisco Systemsは、ルータやスイッチなどの同社ネットワーク機器で利用するソフトウェア「IOS」「IOS XE」において、リモートよりコードを実行されるおそれがある深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

問題の脆弱性「CVE-2017-3881」は、同ソフトにおける「クラスタ管理プロトコル(CMP)」の処理に起因。「telnet」により接続することを許可している場合に、不正な「telnetオプション」が送信されてセッションが確立され、攻撃者により認証なしに任意のコードを実行されるおそれがある。対象となる機器は318機器に及ぶという。

WikiLeaksが公開した機密文書「Vault 7」によって3月に存在が明らかとなり、同社では、Telnetを無効化することで攻撃を防ぐことができるとし、SSHの利用を推奨するとともに、無効化できない場合は、「インフラストラクチャ保護アクセスコントロールリスト(ACL)」の活用などを呼びかけていた。

(Security NEXT - 2017/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性