Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、サーバセキュリティ製品にランサムウェア対策機能

英Sophosは、サーバセキュリティ製品「Sophos Server Protection」にランサムウェア対策技術「CryptoGuard」を追加した。

同社によれば、同技術の搭載により、ランサムウェアによるデータの暗号化を阻止。暗号化されたファイルについても自動で修復して復元できるとしている。

同社のエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Sophos Intercept X」ではすでに同機能を採用しており、サーバ向けセキュリティ対策製品にも実装した。

(Security NEXT - 2017/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET新版、Intel TDT対応でランサム対策を強化
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開