Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製の無線LANルータ「WN-G300R3」に複数の脆弱性

アイ・オー・データ機器製の無線LANルータ「WN-G300R3」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2017-2141」や、「バッファオーバーフロー」の脆弱性「CVE-2017-2142」が含まれていることが判明したという。

同脆弱性は三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同脆弱性へ対処したファームウェアの「バージョン1.04」が公開されており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪用確認されたPHPの脆弱性などに注意喚起 - 米当局
Windows環境の「PHP」脆弱性、ランサムの標的に - 他脆弱性にも注意
Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
GitLab、脆弱性5件に対処したセキュリティアップデートを公開
「Apache Submarine」に脆弱性 - 5月にプロジェクト終了、修正予定なし
WP向けeコマースプラグイン「Dokan Pro」にSQLi脆弱性
「Firefox 127」が公開 - 脆弱性15件を修正
Fortinet、複数製品の脆弱性を修正 - VPN回避にも注意を
ビデオ会議アプリ「Zoom」にDoS脆弱性 - 最新版に更新を
Google、「Chrome 126」を公開 - 複数脆弱性を修正