Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress向けアクセス解析用プラグインに複数の脆弱性

WordPress向けに提供されているアクセス解析用プラグイン 「WP Statistics」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同プラグインにおけるリファラー処理や、「date range picker」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が含まれていることが判明したもの。脆弱性を悪用されると、ログインしているユーザーがブラウザ上でスクリプトを実行されるおそれがある。

一部脆弱性は「同12.0.2」で修正されたが、追加の修正なども実施されており、最新版となる「同12.0.5」が4月6日にリリースされている。

(Security NEXT - 2017/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か