Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、Amazon Web Services(AWS)向けに「Firebox Cloud」を提供開始した。

同製品は、同社セキュリティアプライアンス「WatchGuard Firebox」の機能を、パブリッククラウド向けに提供するもの。マルウェア対策やファイアウォール、不正侵入対策、URLフィルタリング、DoS攻撃対策、VPN、アプリケーションプロキシなどの機能を搭載している。

また解析ツール「WatchGuard Dimension」に対応。物理アプライアンスとFirebox Cloudの混在環境において利用状況を可視化できる。

CPUコア数やユーザー数などに応じて「Small」から「XLarge」まで4モデルを用意。オンデマンドのほか、ライセンス契約により利用することができる。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
UTMを最大52台まで拡張できる新製品 - チェック・ポイント
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始