Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大

中部大学は、学生の個人情報含む書類を、教員が研修先の海外で紛失したことを明らかにした。

同大によれば、3月11日、現代教育学部の海外研修中に、引率の教員が現地の路線バス車内に鞄を置き忘れて紛失したという。

所在不明となっている鞄には、パソコンと書類が入っていた。パソコンには個人情報は保存されていなかったが、書類には研修に参加した学生の氏名や性別、生年月日、国籍、学籍番号、学年や学部などが記載されていた。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院
権限ない学生が教務システムで個人情報を閲覧可能に - はこだて未来大
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
メールの誤送信で学生のメアドが流出 - 都住宅供給公社