Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、1カ月ぶりの月例パッチを公開 - 公開済み脆弱性や複数ゼロデイ脆弱性に対処

一方「MS17-013」では、「Microsoft Graphicsコンポーネント」の脆弱性を修正。ゼロデイ攻撃が確認されている特権の昇格の脆弱性「CVE-2017-0005」を解消したほか、Googleの研究者が公表した「CVE-2017-0038」に対処した。

また2月に明らかとなった「SMB Tree Connect Responseパケット」の処理に関する脆弱性「CVE-2017-0016」のほか、「Device Guard」がバイパスされる脆弱性「CVE-2017-0007」など6件の脆弱性を「MS17-012」で対応した。

「MS17-008」では、公開済みの脆弱性を含む「Windows Hyper-V」の脆弱性11件へ対処したほか、「Microsoft Windows SMB サーバ」向けに「MS17-010」を提供。また「Windows Uniscribe」に関する29件の脆弱性を「MS17-011」で解消。「Microsoft Windows PDF」の脆弱性を「MS17-009」で修正している。

(Security NEXT - 2017/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中