Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部WindowsのSMBv3接続応答処理にゼロデイ脆弱性 - 実証コードも

一部「Windows」において、悪意のあるファイル共有から細工されたパケットを受信するとシステムがクラッシュする脆弱性が含まれていることがわかった。

「SMB Tree Connect Responseパケット」の処理に脆弱性「CVE-2017-0016」が存在することが明らかとなったもの。「Windows 10」「同8.1」に影響があり、すでにGitHub上で実証コード(PoC)が公開されている。

攻撃者が用意したSMBファイル共有へ接続し、細工された「SMBv3 Connect Responseパケット」を受信するとスタックオーバーフローによるメモリ破壊が生じ、システムがクラッシュするおそれがあるという。実際に可能となるか明らかではないものの、任意のコードが実行される可能性への懸念も出ている。

セキュリティ機関では、ユーザーの操作なしにSMB共有へ接続させるテクニックは多数存在すると指摘。セキュリティ更新プログラムは公開されておらず、LANより外部ネットワークに対するSMB接続を制限するなど緩和策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ