Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券の商品先物トレーディングアプリ旧版に盗聴のおそれ

日産証券がスマートフォン向けに提供している商品先物のトレーディングアプリ「アクセスCX」の旧版に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていたことがわかった。2016年9月のアップデートで修正済みだという。

20170301_ni_001.jpg
脆弱性情報が公開された「アクセスCX」(画像:Google Play)

脆弱性情報を公開したJVNによれば、同アプリにSSLサーバ証明書の検証を正しく行わない脆弱性「CVE-2017-2110」が含まれていたという。

iOS版、Android版のいずれも影響を受ける。日産証券では、2016年9月にiOS向けに脆弱性を解消した「同2.0.2」、Android向けに「同2.0.0.1」をリリースしている。

リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も