Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日産証券の商品先物トレーディングアプリ旧版に盗聴のおそれ

日産証券がスマートフォン向けに提供している商品先物のトレーディングアプリ「アクセスCX」の旧版に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていたことがわかった。2016年9月のアップデートで修正済みだという。

20170301_ni_001.jpg
脆弱性情報が公開された「アクセスCX」(画像:Google Play)

脆弱性情報を公開したJVNによれば、同アプリにSSLサーバ証明書の検証を正しく行わない脆弱性「CVE-2017-2110」が含まれていたという。

iOS版、Android版のいずれも影響を受ける。日産証券では、2016年9月にiOS向けに脆弱性を解消した「同2.0.2」、Android向けに「同2.0.0.1」をリリースしている。

リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ390件の脆弱性を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
VPN製品「Pulse Connect Secure」にゼロデイ攻撃 - アップデートは5月上旬
「Chrome 90.0.4430.85」が公開、複数脆弱性を修正 - すでに悪用コードも
「SonicWall Email Security」にゼロデイ攻撃 - 修正プログラムがリリース
米政府、「Pulse Connect Secure」のゼロデイ脆弱性対応で緊急指令
「Firefox 88」が登場、13件の脆弱性を修正
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
「WordPress」に2件の脆弱性 - 「同4.7」以降にアップデートを提供
「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で