Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ

フィッシング対策の啓発サイトである「STOP. THINK. CONNECT.」が、外部より不正アクセスを受け、改ざんされた問題で、フィッシング対策協議会では原因を特定するとともに、再発防止策を講じた上でウェブサイトを再開した。

20170216_ap_001.jpg
攻撃者によって改ざんされた画面

不正アクセスを受けたのは、同協議会と米Anti Phishing Working Group (APWG)が共同で運営している日本語版の「STOP. THINK. CONNECT.」。

1月14日14時ごろよりウェブサイトが改ざんされ、犯行声明が表示される状態になった。

同協議会ではその後ウェブサイトを停止し、ウェブサーバのログ解析や関係者への事情聴取など踏査を進めていた。1月末に行った中間報告では、改ざんされたページを閲覧することにより、マルウェアへ感染するおそれがなかったことを明らかにしている。

同協議会は、今回発表した最終報告で不正アクセスを受けた原因に言及。サイトで使用していたコンテンツマネジメントシステム(CMS)における既存管理者アカウントの管理不備だったことを明らかにした。攻撃者によってIDやパスワードが特定され、なりすましによるログインにより改ざんが行われたという。

(Security NEXT - 2017/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保護動物情報を掲載する山口県動物愛護センターのサイトが改ざん
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
サイトが改ざん被害、残存した旧CMSの脆弱性が標的に - サンメディア
通販サイトへの不正アクセス、クレカ流出の調査結果が判明 - グラントマト
骨盤ベルト通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
利用ECシステムへ不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 杏林堂薬局
理研に不正アクセス - 脆弱性修正より新機能優先して被害に
衣料品通販サイト「LINK IT MALL」に不正アクセス - クレカやアカウント情報が流出か
手芸用品通販サイトに不正アクセス - 社内ネットワーク経由でサイト改ざん
家具やインテリアの通販ショップに不正アクセス