Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラムの公開を延期 - 直前に問題発見

Microsoftは、2月の月例セキュリティ更新プログラムの提供を見合わせた。

2月14日は、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたり、同社でも月例セキュリティ更新プログラムの公開を予定していたが、同社によれば更新プログラムの公開直前に問題を発見したという。

公開までに問題を解消できず、更新によって一部利用者に影響を及ぼす可能性があるとして、更新プログラムの公開を延期した。

(Security NEXT - 2017/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝