Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開

Avast Softwareは、3種のランサムウェアに対応する復号化ツールの無償提供を開始した。

無償提供を開始したのは、オープンソースのランサムウェアである「Hidden Tear」をはじめ、「Jigsaw」「Stampado」など3種のランサムウェアに対応する復号ツール。

すでにこれらランサムウェアへ対応した復号ツールは、 No More Ransom Projectなどをはじめ、無料ツールが公開されており目新しいものではないが、ランサムウェアが使う暗号化キーとアルゴリズムが大きく変化しているとして、同社でも復号化ツールを公開したという。

同社では今回公開したものを含め、全14種のランサムウェアに対応する復号ツールを公開しており、いずれも同社のウェブサイトからダウンロードできる。対応するランサムウェアは以下のとおり。

Alcatraz Locker
Apocalypse
BadBlock
Bart
Crypt888
CrySiS
Globe
HiddenTear
Jigsaw
Legion
NoobCrypt
Stampado
SZFLocker
TeslaCrypt

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
QNAP製NASの脆弱性狙うランサムウェア「eCh0raix」に注意
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市
パッチ適用で終わらぬ「Pulse Secure」脆弱性 - 数カ月後に侵害されたケースも