Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開

Avast Softwareは、3種のランサムウェアに対応する復号化ツールの無償提供を開始した。

無償提供を開始したのは、オープンソースのランサムウェアである「Hidden Tear」をはじめ、「Jigsaw」「Stampado」など3種のランサムウェアに対応する復号ツール。

すでにこれらランサムウェアへ対応した復号ツールは、 No More Ransom Projectなどをはじめ、無料ツールが公開されており目新しいものではないが、ランサムウェアが使う暗号化キーとアルゴリズムが大きく変化しているとして、同社でも復号化ツールを公開したという。

同社では今回公開したものを含め、全14種のランサムウェアに対応する復号ツールを公開しており、いずれも同社のウェブサイトからダウンロードできる。対応するランサムウェアは以下のとおり。

Alcatraz Locker
Apocalypse
BadBlock
Bart
Crypt888
CrySiS
Globe
HiddenTear
Jigsaw
Legion
NoobCrypt
Stampado
SZFLocker
TeslaCrypt

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン