Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業内SOCやCSIRTを運用するための「教科書」 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、組織におけるインシデントの発生を抑制したり、発生時に被害を抑えるためのセキュリティ対応組織を構築する際に必要となる知識を取りまとめた資料を公開している。

「セキュリティ対応組織の教科書 v1.0」は、「SOC(Security Operation Center)」や「 CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」において求められる機能や役割、人材のノウハウについてまとめたもの。

同協議会のセキュリティオペレーション連携ワーキンググループの議論を踏まえ、NTTセキュリティ・ジャパンの阿部慎司氏が執筆した。

「インシデント対応」や「セキュリティ対応状況の診断と評価」「内部統制、内部不正対応支援」など、セキュリティ対応組織の機能と役割について解説。セキュリティ対応組織の体制や要員数についてモデルケースを提示したほか、各役割ごとに必要なスキルについて解説している。

同資料は、同協議会や日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)のサイトからダウンロードできる。

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
キャッシュレス決済のセキュリティ評価サービス - KPMGコンサル
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック