Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 10.2.1」で脆弱性18件を解消 - 12件はWebKit関連

Appleは、同社スマートデバイス向けに18件の脆弱性を修正した「iOS 10.2.1」をリリースした。

今回のアップデートで修正した18件中、12件はWebKitに関連する脆弱性。細工されたウェブサイトを処理した際にコードを実行される脆弱性に対応したほか、メモリ破壊、クロスオリジン、悪意あるポップアップ表示が可能となる問題などを解消した。

またカーネルに関する2件の脆弱性のほか、オートアンロック、連絡帳、Wi-Fiに関する脆弱性に対処している。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-2352
CVE-2017-2368
CVE-2017-2370
CVE-2017-2360
CVE-2016-8687
CVE-2017-2350
CVE-2017-2354
CVE-2017-2362
CVE-2017-2373
CVE-2017-2355
CVE-2017-2356
CVE-2017-2369
CVE-2017-2366
CVE-2017-2363
CVE-2017-2364
CVE-2017-2371
CVE-2017-2365
CVE-2017-2351

(Security NEXT - 2017/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開