Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMS認証の取得組織が5000件を突破

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISMS適合性評価制度の認証取得組織が5000件を超えたと発表した。

ISMSは、組織が情報資産のセキュリティに関してリスク分析を行い、必要なセキュリティレベルを決め、作成したプランをもとに運用するマネジメントシステム。「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」を認証基準としており、第三者認証制度として2002年4月よりISMS適合性評価制度が運用されている。

今回、2016年第3四半期を終えた時点で同制度における認証取得組織が5002件となり、5000件の大台を突破したもの。4000件を突破した2010年より約6年で1000件の増加となった。

20161125_jp_001.jpg
認証取得組織数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
「Dropbox Sign」の侵害、登録セキスペ向け演習の受講者にも影響
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝
「PuTTY」脆弱性、「Citrix Hypervisor」にも影響