Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISMS認証の取得組織が5000件を突破

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、ISMS適合性評価制度の認証取得組織が5000件を超えたと発表した。

ISMSは、組織が情報資産のセキュリティに関してリスク分析を行い、必要なセキュリティレベルを決め、作成したプランをもとに運用するマネジメントシステム。「JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)」を認証基準としており、第三者認証制度として2002年4月よりISMS適合性評価制度が運用されている。

今回、2016年第3四半期を終えた時点で同制度における認証取得組織が5002件となり、5000件の大台を突破したもの。4000件を突破した2010年より約6年で1000件の増加となった。

20161125_jp_001.jpg
認証取得組織数の推移(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に