Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が複数サイト上に投稿、過去の不正アクセスで流出か - ZMP

車の自動運転技術を研究、開発しているZMPから、一部顧客情報が外部へ流出したことがわかった。複数のウェブサイト上に顧客情報が投稿されていたという。

同社によれば、ダイレクトメールの送付先として登録されている顧客リストの一部が、複数のウェブサイトに投稿されていたもの。11月14日、取引先からの連絡で問題が発覚した。流出したのは顧客情報9124件で、所属機関名、所属部署、担当者の氏名とメールアドレスなど含まれる。

流出の原因はわかっていないが、同社では、IDやパスワード管理の不備により、5月にダイレクトメールの送信システムが不正アクセスを受け、同社と関係ないメールが顧客へ送りつけられる被害が発生したが、その際に、システムに登録されていた情報が流出した可能性もあるとして、原因を調べている。

同社では、関係する顧客に対し説明と謝罪のメールを送信。また、顧客情報が投稿されたサイトに対して、情報の削除を要請するとともに、あらたにアップロードが行われていないか、監視を行っている。

(Security NEXT - 2016/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大