Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「古物取引承諾書」を保管期限前に誤廃棄 - ブックオフ

BOOKOFF PLUS 17号北上尾店において、保管期間中である「古物取引承諾書」を、誤って廃棄するミスがあったことがわかった。

ブックオフコーポレーションによれば、同店舗における買取サービスで取得した「古物取引承諾書」を、保管期限を迎える前に廃棄するミスがあったという。古物台帳や取引伝票などの記録は、古物営業法で一定期間保存することが定められている。

誤廃棄した伝票には、氏名や住所、電話番号、年齢、職業など、2013年4月から2016年5月の間に同店舗が取り扱った3708件の取引情報が含まれる。不正利用などの報告はないという。

(Security NEXT - 2016/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会