Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トイレに置き忘れ、生徒の個人情報含む資料が所在不明に

大阪府立茨木支援学校の教員が、生徒の個人情報が記載された資料を、修学旅行先のトイレに置き忘れ、所在不明となっている。

9月28日14時ごろ、教員が東京スカイツリーのトイレを利用した際に置き忘れたもの。ズボンのポケットに入れていた資料を個室内の荷物用の棚に置いたが、生徒の介助で急いだ際に置き忘れ、見学終了後に資料の紛失に気付いた。15時にトイレ清掃を行った業者に確認したが、資料は清掃の時点ですでになかったという。

紛失したのは修学旅行の教員用資料で、生徒44人の氏名のほか、教員が担当する生徒6人の保護者の緊急連絡先、3人の服薬情報などが記載されていた。同校では対象となる生徒6人の保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市