Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止

一時停止していた滋賀県立琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧した。アクセス集中が原因でマルウェアへの感染などは確認されなかったという。

同県によれば、9月17日22時15分から翌18日6時30分にかけて、同館のウェブサイトが原因不明のサービス停止状態に陥ったもの。同県では、同サイトを一時停止し、不正アクセスやマルウェアへの感染、ファイル改ざんなど発生していないか調査を進めていた。

サービス停止の原因については、調査の結果、サーバへのアクセス集中によるものである可能性が高いことを確認。その他被害の形跡は確認されなかったとして、9月23日15時に再開した。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー
宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
スマホ不正チャージ、販売店で窃取された個人情報や他人メルアカなど悪用
ハムなど扱う食品サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
アパレル「アーバンリサーチ」の通販サイトに不正アクセス