Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止

一時停止していた滋賀県立琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧した。アクセス集中が原因でマルウェアへの感染などは確認されなかったという。

同県によれば、9月17日22時15分から翌18日6時30分にかけて、同館のウェブサイトが原因不明のサービス停止状態に陥ったもの。同県では、同サイトを一時停止し、不正アクセスやマルウェアへの感染、ファイル改ざんなど発生していないか調査を進めていた。

サービス停止の原因については、調査の結果、サーバへのアクセス集中によるものである可能性が高いことを確認。その他被害の形跡は確認されなかったとして、9月23日15時に再開した。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
ゆうちょ銀「mijicaカード」で約332万円の不正送金被害 - 54人から不正カードに
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
「ドコモ口座」被害、あらたに12件 - 被害額82万円
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行