Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止

一時停止していた滋賀県立琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧した。アクセス集中が原因でマルウェアへの感染などは確認されなかったという。

同県によれば、9月17日22時15分から翌18日6時30分にかけて、同館のウェブサイトが原因不明のサービス停止状態に陥ったもの。同県では、同サイトを一時停止し、不正アクセスやマルウェアへの感染、ファイル改ざんなど発生していないか調査を進めていた。

サービス停止の原因については、調査の結果、サーバへのアクセス集中によるものである可能性が高いことを確認。その他被害の形跡は確認されなかったとして、9月23日15時に再開した。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバがランサム被害、請求書発行などが停止 - 宮崎電子機器
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
募金サイトで他人クレカ番号による少額寄付 - 利用できるか確認か
システム障害で製品供給に影響、サイバー攻撃に起因か - HOYA
ランサム被害で利用者や建物情報が流出か - 住宅性能評価センター
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
日東製網、四半期決算を延期 - ランサムウェア被害の影響で
淀川河川公園施設予約サイトのテストサーバで不正通信 - 個人情報流出か
画像管理サーバがランサム被害、救急や一般外来受入に影響 - 国分生協病院
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性