Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報がネット上で閲覧可能な状態に - 名古屋大

名古屋大学は、学生の個人情報含むファイルを教員が誤ってウェブサーバにアップロードしたことから、約3カ月にわたってインターネットよりファイルの内容を閲覧できる状態だったことを明らかにした。

名古屋大学のウェブサイト
名古屋大学のウェブサイト

同大宇宙地球環境研究所の教員が、5月2日に個人情報を含むファイルを誤ってサーバにアップロードしたことから、ファイルの内容をインターネットより参照できる状態となっていたもの。

アップロードしたサーバに関しては、5月30日に問題のファイルを削除したが、キャッシュが検索サイトに残存。7月30日にウェブサーバの管理者がサーバへのアクセス履歴を調査したことから問題へ気が付いた。

閲覧可能な状態となっていたのは、氏名、性別、身分、学修状況など、同大理学部と大学院環境学研究科の学生335人分の個人情報。また2014年度に年代測定総合研究センターが開催した体験学習の参加者および保護者24人分の氏名、性別、連絡先、学校名、学年なども含まれる。

同大では8月1日に検索エンジンへキャッシュの削除を依頼し、翌2日に削除を確認した。流出した個人情報の不正利用に関する報告は確認されていない。同大学では、対象となる学生や関係者に対し、説明と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2016/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便