Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソースIDS「OSSEC」向けウェブUIに脆弱性 - 利用は非推奨

オープンソースのIDS「Open Source HIDS Security(OSSEC)」向けに提供されているウェブユーザーインターフェースに脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されているものの、メンテナンスは中断しており、利用は非推奨とされている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「OSSEC Web UI」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2016-4847」が含まれていることが判明したもの。ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行されるおそれがある。

同脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、修正にあたりJPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

同ソフトは、「同0.8」の段階ですでにメンテナンスが行われていない状況だが、OSSECの開発チームでは、今回の報告を受けて2015年12月末に同脆弱性を解消するパッチ「OSSEC Web UI 0.9」を公開している。

しかしながら、メンテナンスを実施していないことを理由に開発チームでは同ソフトの利用を避け、他製品を利用するよう推奨。同プロジェクトのメンテナンスに興味がある開発者を募集している。

(Security NEXT - 2016/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応
SAP、5月の定例パッチを公開 - 重要度高い脆弱性などを修正