Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IBM、「X-Force Red」を設置 - 脆弱性対策サービスを展開

IBMは、脆弱性の迅速な発見を支援する、「X-Force Red」を設置した。脆弱性対策サービスを展開していくという。

企業や組織における脆弱性の発見を支援することを目的に設置したもの。同チームを率いるのは侵入テストを専門とする同社のCharles Henderson氏で、米国や英国、オーストラリア、日本など世界数十カ所から数百人規模がチームに参加するという。

ネットワークやハードウェア、アプリケーションの脆弱性にくわえ、日常のプロセスや手順に潜む人間の行動に起因したリスクも対象としており、ソーシャルエンジニアリングやフィッシングなども含まれる。

医療、金融サービス、小売、製造、公共分野など複数分野におけるサービスの提供が可能。個別プロジェクトへの対応のほか、サブスクリプションや、マネージドテストプログラムにてサービスを提供していく。

(Security NEXT - 2016/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
アンティーク雑貨通販サイトに不正アクセス - ジョイフル本田
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会