Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと日立ソ、マルウェア感染端末を遮断するソリューション

トレンドマイクロと日立ソリューションズは、ネットワーク監視とデバイス制御製品の連携ソリューションを8月31日より提供する。

同ソリューションは、ネットワークのゲートウェイや内部の不正な通信を監視するトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」と、感染端末の通信を自動的に遮断する日立ソリューションズの「秘文 Device Control」を組み合わせたもので、両社は、マルウェアの感染対策として展開していくという。

感染端末は、通信遮断後も遠隔操作により状況確認や遮断解除などにも対応。利用には、「Deep Discovery Inspector」「秘文 Server」「秘文Device Control」のほか、「Syslog」サーバを用意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス