Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドと日立ソ、マルウェア感染端末を遮断するソリューション

トレンドマイクロと日立ソリューションズは、ネットワーク監視とデバイス制御製品の連携ソリューションを8月31日より提供する。

同ソリューションは、ネットワークのゲートウェイや内部の不正な通信を監視するトレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector」と、感染端末の通信を自動的に遮断する日立ソリューションズの「秘文 Device Control」を組み合わせたもので、両社は、マルウェアの感染対策として展開していくという。

感染端末は、通信遮断後も遠隔操作により状況確認や遮断解除などにも対応。利用には、「Deep Discovery Inspector」「秘文 Server」「秘文Device Control」のほか、「Syslog」サーバを用意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WarpDrive」が再始動 - 「タチコマSA」がChrome拡張機能に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid