Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月に発生したメールの誤送信を公表 - 盛岡市

岩手県盛岡市は、3月に発生した操作ミスによるメールアドレスの流出事故を公表した。

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会盛岡市実行委員会が、3月23日18時過ぎに、ボランティアとしてメールアドレスを登録している169人にセミナーの案内メールを送信した際、誤送信が発生したもの。送信先のメールアドレスを宛先に設定したため、受信者のメールアドレスが受信者間に流出した。

同日、受信者から連絡があり問題が発覚。同市では対象となるボランティア登録者に対し、メールと電話で謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2016/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区