Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内企業の約3割がセキュリティ侵害によるデータ破壊を経験 - 平均損失額は1.4億円

直近1年間に約3社に1社の国内企業がセキュリティ侵害によるデータ損失を経験しており、平均被害額は約1億4180万円にのぼるとする調査結果をEMCが取りまとめた。

同社の委託によりVanson Bourneが世界18カ国におけるデータ保護の状況を調査したもの。従業員250人以上の企業や公的組織におけるIT部門の意思決定者2200人を対象に、3月から4月にかけて調査を実施したもので、日本からは100人が回答した。

同調査によれば、直近1年間に、外部からの脅威によるデータ侵害や予期せぬダウンタイムを経験した日本企業は16%。グローバルでは23%だった。

これに内部関係者による脅威をくわえると、日本企業で32%、グローバルで36%がセキュリティ脅威によるデータ侵害を経験していた。データロスにともなう平均損失額はグローバルでは91万4000米ドル。日本は平均で約1億4180万円で、グローバル平均を大きく上回る結果となった。

今回の調査を受けて同社は、主要データにくわえ、バックアップデータや保護されたデータに対する不正アクセスが増加していると指摘。またクラウド上のデータに関しても言及し、偶発的な削除などへ対策を講じているSaaSベンダーはほとんどいないとして、クラウド上のデータ保護についても検討する必要があると述べている。

(Security NEXT - 2016/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
脆弱性DB「JVN iPedia」への登録、2Qは2325件 - 前四半期から1455件減
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年度の個人情報漏洩などの報告は6000件弱 - 4件に1件が不正アクセス
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
対ウクライナDDoS攻撃の余波を観測 - JPCERT/CC
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増