Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2日連続でメール誤送信による情報漏洩が発生 - トヨタツーリスト

トヨタツーリストインターナショナルにおいて、メールの送信ミスに起因する顧客情報の漏洩事故が連続して発生した。

同社によれば、7月6日、翌7日と2日間連続で事故が発生したもの。7月6日に入金に関する案内をメールで送信したが、宛先とメールの本文がずれた状態で50件のメールを送信。本文に含まれる氏名や会員番号、入金の状況などが漏洩した。

また翌7日には、個人情報を入力済みのビザ申請書へ本人署名を依頼するメールを3人に送信したが、その際にミスが発生。本来なら個別に申請書を送るべきものを、誤って1件のメールに3人分の申請書を添付。3人とほかの関係者3人のあわせて6人へ「CC」で送信してしまったという。

受信者以外へ氏名や住所、生年月日、パスポート情報などが漏洩。同社ではいずれも、対象となる顧客に説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2016/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区