Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報入りサーバのリモートデスクトップアカウントが海外で売買 - 成城学園

成城学園は、初等学校のサーバが不正アクセスを受けたことを明らかにした。サーバには児童や保護者の個人情報が保存されており、流出の有無など調査を進めている。

同校サーバに対するリモートデスクトップ接続用のログインアカウントとパスワードが海外サイトで売買されていたことが判明したもの。6月24日20時ごろに、文部科学省から連絡があり、同校が翌25日に調査したところ、初等学校の成績管理用サーバのアカウントであることが判明、ネットワークを遮断した。

問題のサーバに対して、3月24日に中国からのアクセス、4月3日に米国からのアクセスを受けていたという。これらサーバには、2007年度から2015年度に初等学校へ入学した1032人分の氏名、住所、生年月日、性別、保護者名、出身幼稚園、成績や出席の記録などが保存されていた。不正利用による被害の報告はないとしている。

同校では、対象の児童とその保護者に対し、書面で報告。アカウント情報が漏洩した原因や、情報流出の有無について調査中としており、調査結果を踏まえて再発防止策を検討、報告するとしている。

(Security NEXT - 2016/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃