Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ対策に関する懸念は「コスト」「複雑さ」 - 「ゴール見えない」の声も

セキュリティ対策に対する懸念の声でもっとも大きいのは「コスト」であるとの調査結果をガートナージャパンが取りまとめた。「複雑さ」や「ゴールがわかりにくい」といった声も目立つ。

20160705_gr_001.jpg
セキュリティに関する懸念事項(グラフ:ガートナー)

日本企業が情報セキュリティに対して抱えている懸念事項について、3月に調査を実施したもの。日本企業のITインフラ領域において製品やソリューション、サービスの導入選定に決裁権を持つ役職、またはITインフラの戦略に関与している役職を対象に尋ね、515人から回答を得た。

情報セキュリティ対策に関する懸念事項について、最も多かった回答は「コストがかかりすぎる」で21%。「複雑すぎる(13%)」「どこまでやればゴールなのか分かりにくい(12%)」と続いた。

そのほか、「毎年脅威やリスクが増大する」「対応できる要員がいない」「対策が現システム環境へ与える悪影響」「外部からの脅威が想定できない」などの声も聞かれた。

(Security NEXT - 2016/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
ISMS踏まえてDXセキュ対策の考え方など解説した資料 - JIPDEC
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
クラウドのDB消去をテーマとしたセミナー実施 - DBSC
法人向けIoT機器の悪用によるサイバー攻撃防止を啓蒙するサイトを公開 - ICT-ISAC
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ