Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

気になる「隣のCSIRT」、業務内容など実態調査 - 予算の出所なども

組織をインシデントから守るため、設置する企業が増えている「CSIRT」。とはいえ、組織によって規模や活動内容もさまざま。既存「CSIRT」が、どのように運用されているのか、JPCERTコーディネーションセンターが実態調査を実施し、結果を取りまとめた。

企業においてセキュリティの課題へ取り組む「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」だが、事業内容や規模、技術背景、組織の体系や文化、対応するセキュリティの課題、予算など、組織に左右されることも多いとして実態を調査したもの。

具体的には、2015年12月に日本シーサート協議会(NCA)に加盟している66組織を対象にアンケート調査を実施。9組織へインタビューも行い、これから構築する組織はもちろん、すでにCSIRTを運営している組織にも参考となるよう資料として取りまとめたという。

CSIRT構築に関わった部署を見ると、「情報システム管理部門」が44チームで最多。「セキュリティ対策部門」も29チームと多い。一方で、配置部署については、「情報システム管理部門」が32チーム、「セキュリティ対策部門」が26チームだった。

(Security NEXT - 2016/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
日本シーサート協議会が一般社団法人化 - 互助関係強化を推進
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供