Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島高専の就職支援システムに不正アクセス - 求人票情報5000件流出か

福島工業高等専門学校の就職支援システムが不正アクセスを受け、求人票情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同システムに対する不正アクセスの痕跡を確認したことから調査を実施したところ、情報が流出している可能性があることが判明したもの。

流出したおそれがあるのは、サーバ内に保存されていた2009年度以降の求人票情報約5000件。求人票情報を提供した事業者の名称、住所、採用担当者の氏名、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、採用予定数、採用希望学科などが含まれる。

同校では、対象となる事業者へ書面による説明と謝罪を行っているが、情報が悪用されたといった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2016/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
松山市関連スポーツサイトに不正アクセス - 管理者アカウントでログイン
「リラックマ」公式サイトに不正アクセス - 会員メアド流出
フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
衣類通販サイトに不正アクセス - クレカの不正利用被害も
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - 歯科関連出版社