Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島高専の就職支援システムに不正アクセス - 求人票情報5000件流出か

福島工業高等専門学校の就職支援システムが不正アクセスを受け、求人票情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

同システムに対する不正アクセスの痕跡を確認したことから調査を実施したところ、情報が流出している可能性があることが判明したもの。

流出したおそれがあるのは、サーバ内に保存されていた2009年度以降の求人票情報約5000件。求人票情報を提供した事業者の名称、住所、採用担当者の氏名、電話番号、ファックス番号、メールアドレス、採用予定数、採用希望学科などが含まれる。

同校では、対象となる事業者へ書面による説明と謝罪を行っているが、情報が悪用されたといった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2016/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明