Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイボウズ ガルーン」、2月公開のSP1で脆弱性10件に対処

サイボウズが、グループウェア「サイボウズ ガルーン」向けに公開したサービスパック「同4.2 Service Pack 1」で、複数の脆弱性を修正していたことがわかった。

同サービスパックは、仕様変更や不具合の改修、脆弱性の修正などを含むアップデート。2月に公開されているが、今回、対応した脆弱性を明らかにした。

深刻度は、4段階中もっとも高い「緊急」および次に高い「重要」とされる修正は含まれておらず、「警告」が10件、「注意」が3件。メール機能で情報漏洩のおそれがある「CVE-2016-1193」や、オープンリダイレクトの脆弱性「CVE-2016-1195」など、CVEベースで10件の脆弱性を解消している。

同社では、脆弱性発見者へ報奨金を支払うプログラムを展開。同制度を通じて報告を受けた脆弱性や、同社が発見した脆弱性について周知するため、情報処理推進機構(IPA)へ報告した。JPCERTコーディネーションセンターの調整を経て、JVNでも公表されている。

修正対象となった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-1188
CVE-2016-1189
CVE-2016-1190
CVE-2016-1191
CVE-2016-1192
CVE-2016-1193
CVE-2016-1194
CVE-2016-1195
CVE-2016-1196
CVE-2016-1197

(Security NEXT - 2016/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper