Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GSX、攻撃者視点で実践的にセキュリティを学ぶ「CEH」などを国内展開

グローバルセキュリティエキスパート(GSX)は、EC-Council Internationalが展開するセキュリティエンジニアのトレーニングサービスを取り扱い開始した。

サイバー攻撃の手法を学ぶ「CEH(Certified Ethical Hacker)」をはじめ、トレーニングサービスやANSIより認定を受けている試験などを提供するもの。

主力となる「CEH(Certified Ethical Hacker)」は、ネットワークやソフトウェアなど、18種類の実践的なモジュールで構成されたトレーニングを提供。講習後も技術を試すことができる仮想システムを提供する。

またコンピューターフォレンジックを学ぶ「CHFI(Computer Hacking Forensic Investigator)」、Javaのセキュアプログラミングの手法を解説する「ECSP(EC-Council Certified Secure Programmer)」といったメニューを用意。

「CEH」は5日間のコースで5月より開講し、料金は49万8000円。「CHFI」は49万8000円、「ECSP」は29万8000円で、それぞれ7月、10月より提供を開始する予定。

同社では直販のほか、ATC契約パートナー経由でも提供していくとしており、初年度に直販、パートナーを通じて1万人への提供を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2016/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
講座参加者宛メールで誤送信、取消通知でも - 静岡県
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
防衛省、人材発掘を目的としたCTFコンテストを実施
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足