Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco WSA」に複数の脆弱性 - リモートよりDoS攻撃のおそれ

Cisco Systemsが提供するウェブセキュリティ製品「Cisco Webセキュリティアプライアンス(WSA)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品において「Cisco AsyncOS」を利用する場合に、一部バージョンにおいて、サービス拒否に陥る脆弱性が判明したもの。「Email Security Appliance(ESA)」や「Security Mail Appliance(SMA)」は影響を受けない。

リモートより攻撃が可能となるPOSTリクエスト処理における脆弱性「CVE-2016-1380」をはじめ、HTTPリクエストの処理における脆弱性「CVE-2016-1382」、HTTPレスポンスコードの取り扱いに起因する「CVE-2016-1383」、Rangeリクエスト際に生じる「CVE-2016-1381」などが含まれる。

影響を受ける脆弱性はバージョンによって異なるが、「AsyncOS 9.1」より以前のバージョンに影響があり、同社は、これら脆弱性を解消したアップデート「AsyncOS 9.0.1-162」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper