Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 富士宮信金

富士宮信用金庫は、5支店において、顧客情報が記載された最大4450件の書類が所在不明となっていると発表した。

同金庫の神田支店、富士根支店、松岡支店、万野支店、上井出支店においてあわせて4450件の紛失があらたに判明したもの。2014年12月に顧客情報の紛失が明らかとなり、全店調査を実施したところ、判明したという。

所在がわからなくなっているのは、例外取引日報や保証意思確認書類関係、届出事項変更届など5種類の帳票。記載されている内容は書類によって異なるが、顧客の氏名や住所、電話番号にくわえ、口座番号、取引金額、印影、運転免許証番号などが含まれる。

不正利用などは確認されておらず、同金庫では、保管期限を過ぎた書類などとともに廃棄した可能性があるという。

(Security NEXT - 2016/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市