Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エイベックス関連サイトに不正アクセス - 個人情報最大35万件が流出か

エイベックス・グループ・ホールディングスは、ウェブサイトが不正アクセスを受け、キャンペーン応募者の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

20160502_ag_001.jpg
関連サイトが不正アクセスを受けたエイベックスGH

同社のアーティストオフィシャルサイトで使用しているソフトウェアに脆弱性が存在し、不正アクセスを受けたもの。外部よりコマンドを実行され、キャンペーン応募者の個人情報約35万件が流出した可能性があるという。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。

同社では、すでに脆弱性へ対処しており、今後は不正アクセスの内容について調査し、詳細が判明次第、対象となる顧客に報告するほか、セキュリティ対策の強化など、再発防止策を講じると説明。また同社や同社の所属アーティストの名を騙った不審な電話やメールについて注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出か - 阪大
複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
恋愛ゲームサイトに不正アクセス、会員情報流出 - 東京ガス
業務用ビデオカメラなど扱う通販サイトに不正アクセス
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社