Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」のスマホ表示対応プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

Movable Type向けに提供されているプラグイン「ケータイキット for Movable Type」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。ゼロデイ攻撃による被害も発生している。

同ソフトは、コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Movable Type」向けに提供されているプラグインソフト。携帯電話やスマートフォンに表示を最適化する機能などを備えている。

同ソフトを提供するアイデアマンズによれば、「同1.641」から「同1.35」までのバージョンに「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が存在。リモートより任意のOSコマンドを実行されるおそれがある。一部サイトでは同ソフトに起因したゼロデイ攻撃を受けており、顧客情報が流出した可能性があることが判明している。

同社では、脆弱性を修正する緊急パッチファイルを4月22日に公開。また翌23日に脆弱性を解消した「同1.65」をリリースしており、22日に公開した緊急パッチファイルを適用した場合も、アップデートするよう利用者へ呼びかけている。またすぐにアップデートできない利用者に対しては、一時的な対応策として各バージョンの緊急パッチファイルを用意している。

(Security NEXT - 2016/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper