Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ANA国内線でシステム障害 - 遅延や欠航など発生

全日空のシステムで不具合が発生し、国内線で搭乗手続きが行えないなど影響が広がっている。同社では、原因を調べるとともに復旧作業を進めている。

20160322_an_001.jpg
障害が発生したANA。ウェブ予約などにも影響が波及した

同社によれば、3月22日8時20分ごろ国内線において予約、販売、搭乗手続きに関するシステムで不具合が発生。障害の影響で同社国内線において遅延や欠航が出た。今後の運行にも影響が出ると見られている。

またシステム障害の影響で、同社予約センターやウェブサイトにおいて、国内線の空席照会や新規予約、予約変更、決済、事前座席指定、インターネットチェックイン機能などが利用できない状況も発生。同社では原因究明と復旧作業を進めている。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
不正アクセスで一部個人情報が海外に流出 - 福祉用具レンタル会社
川崎汽船の海外子会社に不正アクセスか - 闇サイトにデータ
日本空港給油でランサム感染被害 - 航空機給油業務に影響なし
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
医療システムに不正アクセス、撮影画像が閲覧不能に - 市立東大阪医療センター
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号鍵」特定されて侵入
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス