Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTと三菱重工、重要インフラのセキュリティ技術で共同研究

20160322_nm_001.jpg

NTTと三菱重工業は、重要インフラで利用する制御システムなどのサイバーセキュリティ技術に関し、共同研究を進めることで合意した。

今回の合意により、三菱重工の制御技術とNTTのセキュリティ技術を連携。発電設備をはじめとする制御システム向けのセキュリティ技術について開発を目指す。

具体的には、三菱重工が都内に開設した「サイバーラボ」を研究成果の実証拠点として活用。NTTが研究開発を進めてきたセキュリティエンジンをベースに、未知の攻撃をリアルタイムに検知する技術や、重要インフラの運転を止めずに対策を行う技術を共同で開発。各製品を模したモデルを使って、効果の検証を進めていく。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
DoS/DDoS攻撃キャンペーンに警戒を - 各国機関が注意喚起
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
米政府、マルウェア「BLINDINGCAN」のIoC情報を公開 - 北朝鮮関与か