Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTと三菱重工、重要インフラのセキュリティ技術で共同研究

20160322_nm_001.jpg

NTTと三菱重工業は、重要インフラで利用する制御システムなどのサイバーセキュリティ技術に関し、共同研究を進めることで合意した。

今回の合意により、三菱重工の制御技術とNTTのセキュリティ技術を連携。発電設備をはじめとする制御システム向けのセキュリティ技術について開発を目指す。

具体的には、三菱重工が都内に開設した「サイバーラボ」を研究成果の実証拠点として活用。NTTが研究開発を進めてきたセキュリティエンジンをベースに、未知の攻撃をリアルタイムに検知する技術や、重要インフラの運転を止めずに対策を行う技術を共同で開発。各製品を模したモデルを使って、効果の検証を進めていく。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性に悪用の動き - 米政府が注意喚起
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
NISC、「ProjectWEB」の不正アクセスで政府機関や重要インフラ事業者に注意喚起
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC
防御演習「CYDERオンライン」ベータ版受講者を募集 - NICT